MEETS TAKEGAMI | ALL MADE IN JAPAN

ALL PHOTO BY KENTA HASEGAWA

1947年創業の総合製紙メーカー「中越パルプ工業株式会社」は、
1998年から使われなくなった竹の有効活用に取り組み、
日本の竹100%の「竹紙」を製造しています。
年間2万トン(日本一の集荷量)の竹の集荷を行い、紙の原料として
持続的に活用することで、隣接する森林や里山の保全再生、生物多様性の保全に
役立つとともに竹に新たな価値を見出し、地域経済に貢献、社会問題にも挑戦しています。

そんな「竹紙」とデザインチーム「minna」のコラボレーションによって
MEETS TAKEGAMIはスタートしました。

竹紙は、社会貢献度の高い魅力的な素材なのですが、
そもそも、その存在が世の中にあまり知られていません。

まずは、竹紙を「目にする機会」や「手にする機会」の不足を解消し、
そして、竹紙を世の中で、もっとメジャーな存在にしていくことを目指します。

MEETS TAKEGAMIは、「竹紙」と「社会」との接点をつくるペーパーブランドです。
2015年9月、ギフトショー アクティブデザインコーナーにて
最初の商品を発表します。

お問い合わせ